スポンサーリンク

台風の風速何メートルは時速何キロ?最大瞬間風速70メートルで何が起きるのか調査

天気・台風・災害

台風のニュースで出てくる「風速」「最大瞬間風速」、どちらもよく耳にするけれど一体どのくらいのスピードの風なのかよくわからない。「風速って車のスピードに換算するとどのくらいなんだろう?」と疑問に思い、調べてみました。

 

今週、日本列島に近づいてくる台風12号に対する対策にはもちろん、今後も次々発生するであろう台風対策の参考にしてください!

 

 

 

スポンサーリンク

台風の風速のお話 台風の定義

 

台風って何だろう?台風じゃなくても暴風雨の日もあるし雷だって鳴るし・・・。それって全部低気圧がもたらす天気の変化じゃない?

 

実は台風には「定義」があります。

台風とは

熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

 台風は、通常東風が吹いている低緯度では西に移動し、太平洋高気圧のまわりを北上して中・高緯度に達すると、上空の強い西風(偏西風)により速い速度で北東へ進むなど、上空の風や台風周辺の気圧配置の影響を受けて動きます。また、台風は地球の自転の影響で北~北西へ向かう性質を持っています。

引用:気象庁HP

 

台風になるには条件があったんですね!
ポイントをまとめます。

 

●熱帯の海上で発生する低気圧
●北西太平洋または南シナ海に存在
●低気圧内の最大風速が17m/s以上

 

 

最大風速が17m/s以上にならないと台風とは呼ばれないんだね

 

 

台風って確かにどれも北の方向へ進む・・・。それが地球の自転の影響だったとは!知らなかった・・・

 

 

スポンサーリンク

台風の風速のお話 風速を時速にすると?

 

「風速〇〇メートル」ってよく聞くけど、それって強いの?どのくらいのスピードなの?
調べてみました!

 

風の強さ

まずは気象庁HPで風の強さの階級を発見。
その表がこちら↓

強さの階級分け

階級最大風速
強い33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な54m/s(105ノット)以上

 

 

最大瞬間風速70メートルっていったら「猛烈な」階級なんだね!

 

風速を表す「m/s」は何て読む?

●日本語「メートル毎秒」
●英語風「ミータパーセカンド」
●仏語風「メートルパーセコンド」

速さまたは速度の国際単位です。
1秒間に何メートル動くかを表しています。

 

風速を時速に換算すると?

 

風速が「1秒間に何メートル動くか」を表した数値というのはわかったけど、同じスピードを表すなら車と同じ時速の方がイメージしやすいなぁ・・・

 

ということで、風速を時速に換算してみます。

 

台風10号は最大瞬間風速70メートルが予想されているので、例として「風速70メートルを時速に換算」してみます。

(例)風速70メートルを時速に換算するしてみよう!

●風速70メートルは1秒間に70メートルの速さ
●1時間は秒に換算すると3600秒

したがって式を立てると
「3600秒×70m=252000m」

つまり、風速70メートルは時速252km!

 

時速に換算してみたけど

252kmも想像できない・・・

 

 

 

 

スポンサーリンク

台風の風速のお話 風の強さとその影響

 

風速70メートルが時速252kmってことはわかったけど、あまりに速すぎてやっぱり想像できない!新幹線なみの速さだよね~

 

ってことで、風速とその影響を調べてみました。

 

速さの目安

風速時速強さ速さの目安
10~15~50kmやや強い風一般道路の車の速さ
15~20~70km強い風高速道路の車の速さ
20~25~90非常に強い
25~30~110
30~110~猛烈な風特急列車

 

人体への影響

風速時速強さ人体への影響
10~15~50kmやや強い風傘がさせない
15~20~70km強い風風に向かって歩けない
20~25~90非常に強いつかまらないと転倒
25~30~110立っていられない
30~110~猛烈な風屋外は危険

 

屋外の様子

風速時速強さ速さの目安
10~15~50kmやや強い風電線が切れる
15~20~70km強い風小枝が折れる
20~25~90非常に強い
25~30~110樹木が根こそぎ倒れる
30~110~猛烈な風

 

建物の被害

風速時速強さ速さの目安
10~15~50kmやや強い風電線が切れる
15~20~70km強い風ビニールハウスが飛ぶ
20~25~90非常に強いシャッターが壊れる
飛んできた物で窓が割れる
25~30~110ブロック塀が倒れる
屋外外装材が飛ぶ
30~110~猛烈な風屋根が飛ぶ
木造住宅の全壊

 

 

風速20メートル辺りから
窓対策が必要だね!

 

 

 

調べてみると風速70メートルがどれほどの威力かわかりました。
「人体への影響」で見ると風速20メートルで立っていられないほどの風。

風速70メートルが日本列島のどこかに上陸したら・・・改めてぞっとしました。

 

ご自分の居住地に台風が近づいてくる恐れがある時には、「大丈夫だろう」と侮ることなく万全の対策を心がけてください!

 

 

\即日発送です/

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました